超ブラックから抜け出す

延滞中の超ブラックでも借りられるをテーマにした当サイト「延滞中のブラックでも借りられるところ!」へようこそ!
50歳を超えて長期延滞から奇跡の脱出をした「アキラ」と申します!


当サイト全体を読んで頂ければ、私が実際に延滞中に作れたクレジットカードのことや、どうやって長期延滞者から脱出できたのか、現在延滞を続けている方々の今後の参考になれるよう、また、最近延滞気味の人やまだ延滞の無い人でも多重債務になってしまった人の反面教師になればと思います。

延滞中の超ブラックでも借りられるところ

延滞中でも無職でも借りれるところ
裏ワザ!長期延滞中の超ブラックでも借りれた

延滞中の超ブラックでも借りれた場合には、遅れている支払いを正常に戻すことが必要です。そこで延滞中でも最低3万円から給料の7割までなら今日中に借りれる裏ワザを紹介します。 長期延滞中であればどこにも借り ...

続きを見る

給料債権ファクタリングの七福神
延滞ブラックでも借りれる給料債権ファクタリング七福神

延滞者というレッテルを張られると、お金を借りたいと思っても正規貸金業者から正規の利息で借りることはかなり難しくなってきます。 しかし、会社から給料さえ貰っていれば、どんなブラックでも『給料債権ファクタ ...

続きを見る


審査が甘い消費者金融
ブラックでも審査に通る消費者金融を比較して借りられる

ブラックでも融資審査に通る可能性が高い消費者金融の、融資申込みに対する審査基準を比較して、借りられるかどうかを判断して下さい。 ブラックでも借入審査に通って借りられる銀行やカードローンはありませんが、 ...

続きを見る

どこにも借りられない超ブラックの方

関連記事一覧⇒コチラ

\ 関連記事が参考になります! /

延滞中の超ブラックでも作れるクレジットカード

ブラックでも作れるクレジットカード
長期延滞中の超ブラックでも作れたクレジットカード

長期延滞中の滞納者でもクレジットカードは作れます。延滞中だからと言って「もうクレジットカードは作れない」と思ってあきらめていませんか? クレジットカードが持てない場合デビットカードという手もありますが ...

続きを見る


延滞ブラックが作れたクレジットカード
長期延滞中に作れた2枚目のクレジットカード

長期延滞中の超ブラックが新規にクレジットカードを申し込んだとしても、門前払いで終了!です。しかし、延滞中の完全ブラックでもクレジットカードが作れるにはプロセスがあります。 借金を踏み倒したままの延滞中 ...

続きを見る

その他のクレジットカードに関する記事は⇒こちら

\ 関連記事が参考になります! /

借金問題の解決法

借金の時効の援用
消滅時効の援用でCIC・JICC・JBAの個人信用事故情報は消える

あなたの銀行でのキャッシング、消費者金融やクレジットカードの使用履歴、携帯電話・スマートホンの分割払いの支払い状況、住宅ローンの返済状況が登録されているところが個人信用情報機関です。 クレジットカード ...

続きを見る

闇金・闇バイト
「ヤミ金」「闇バイト」を探す前に読んでもらいたい

延滞中でどこにも借りられないと、「どんなことをしてでもお金を借りたい」という気持ちは良く分かります。延滞中の超ブラックになってしまっても、お金が必要という方にはいくつかのお金を手に入れる方法と借りられ ...

続きを見る

その他の借金問題の解決法は⇒こちら

\ 関連記事が参考になります! /

延滞中のブラックについてのQ&A

そもそも延滞って何日後から?

延滞者って呼ばれるのはズバリ!約束の返済日の翌日から延滞者です。

約定支払日から61日以上の返済の遅れ(延滞)をしてしまっていれば、延滞という異動情報が記載され世間一般で言う延滞ブラックという超ブラックとなり、支払いを正常に戻しても、「延滞解消」と記載され、完済したとしても「延滞解消・残高0」 と記録され続けますので、正規の金融会社から現金を借りることは難しいのですが、抜け道があります。

一度61日以上の返済の遅れがあると、数年単位でどこからも借りられない状態になる可能性がありますが、数年先を見つめて、将来のために今できることを少しずつでもやって行きましょう。

超ブラックとかブラックリストって何?

誰が言いだしたとか分からないのが、「ブラック」「超ブラック」ですが、金融業界において、「ブラックリスト」というリスト自体は存在しませんし、金融業界内で「この人ブラックだから貸せない!」とか「この人ブラックリストに載ってる!」という言葉自体使いません。

では、いわゆる「ブラックリスト」とは、何をさしているのでしょうか。
たとえば、あなたがクレジットカードをつくる、ローンを組むなどの際には、顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。しかし、ある一定期間返済が滞ったり、破産したりした場合、「事故情報(異動情報や延滞情報、ネガティブ情報ともいいます)」が登録されてしまいます。

この情報のことを、「ブラック情報」「ブラックリスト」と貸してもらう立場の人が言い始めたのですが、当サイトでも「ブラック」とか「超ブラック」と表現しています。

また、「事故情報」として登録されている状況を、「ブラックに載っている」と表現します。

当サイトでの表現の基準は

  • ホワイト(リスト)…クレジットカードや消費者金等の金融機関に何の情報も登録されていないこと
  • ブラック(リスト)…何かしらの悪い情報がある(自己破産・債務整理・多重申込み等)
  • 超ブラック(リスト)…一般的には絶対に借りられない情報がある(延滞情報等)

更新日: