延滞ブラックでも2万まで即日融資可能なところ



この情報については、最後までよく読んだ上、実行は自己責任でお願いします。
延滞や自己破産でどこにも借りれなくなった方のためになればと思い、あまりお勧めできないのですが、合法的にスマートホン1台に付き2万円まで借りれる方法を教えます。

今話題のバンドルカードとは?

Visaプリペイドカードのバンドルカードは、生年月日と電話番号さえアプリに登録すれば、誰でも“最速1分で”ネット決済専用のバーチャルカードです。当初はiPhone版のみでしたがAndroid版もリリースされています。クレジットカードと違って先にチャージを行うため、与信審査が不要。10代の学生や主婦、高齢者でもすぐにカードが発行できて、ネットでの買い物に使うことができる。また希望者は、リアル店舗で使えるプラスチックのカードを持つことも可能です。

『1分でカードが作れる』とは言っても、バンドルカードはチャージをしなければ使うことはできないので、コンビニに行かなければチャージできない、という面倒さあります。

そのハードルを取り払うために「ポチッと」チャージが導入されました。バンドルカードアプリで生年月日・電話番号に加えて氏名とメールアドレスを登録することで、1回あたり最大2万円までならその場でチャージが完了。チャージした金額に手数料を加えた額を、後からコンビニやATMなどで払う、後払い方式が可能になったのです。

ポチッと」チャージの導入により、バンドルカード新規発行からチャージまでがスマートホンのアプリ内で完了するようになりました。

長期延滞者ならアメリカンエクスプレスカード

2018.05.01

バンドルカードの複数アカウントでポチっとチャージ現金化ができるのか

アプリで作れるVisaプリペイドカードの「バンドルカード」。
バンドルカードは、生年月日と電話番号さえアプリに登録すれば、誰でもすぐにネット決済専用のバーチャルカードが作れるサービスですので、クレジットカードと違って先にチャージを行なうため、与信審査不要です。

そしてこちらのバンドルカードに、カードへのチャージが後払いでできる「ポチっと」という機能が追加されました。

その場でお金がなくても、アプリ上で「ポチっと」操作することでバンドルカードに最大2万円まですぐにチャージできます。ということは、お金がないときに使えるな、と誰でも思うでしょう。ネット決済専用なのでインターネットで金券を購入して売ればすぐに現金化もできてしまいます。

さて、そんな悪用は置いておき、通常の人がバンドルカードのポチっとチャージを利用する上でやはり多少の不安もあるかと思います。そんな方たちのために、穴や欠陥などはないか検証してみましたので、結果をご報告いたします。

今回の検証は、バンドルカード複数アカウントでポチっとチャージができるかどうかです。これができてしまうサービスではいささか不安が残りますよね。

では結論から申しますと、バンドルカードを複数アカウント作ってポチッとチャージすることはできませんでした。

バンドルカードのポチっとチャージを複数のSIMで試してみたところ2回線目以降、名前や年齢を変えても審査にとおることができなくなりました。ポチッとは1台のスマートホン端末で1回までしかできないようになっているようです。2台の端末を使って試したところ2台分は可能でしたが、同一端末でSIMを交換して新しい電話番号を使ってもダメでした。

iPhoneを完全初期化し、新たなSIMで検証してみましたが無理だったので、端末番号によって審査がされているのだと思います。

しかし、今回の結果からスマートホン端末を複数もっていれば、その台数分ポチッとチャージができることも分かりました。

携帯電話料金、未納延滞ブラックでも契約できるキャリア2社

2017.02.11

アプリ内でバンドルカードが発行された時点で現金化に利用できますので、リアルカードを発行する必要はありません。

実際に管理人も作ってみましたが、5分ほどで作れましたのでご安心くださいね。

手順でわからないことがある方はこちらの『バンドルカードサポート』を参考にするとカンタンに発行できますのでこちらも参考にしてみてください。

また、招待コードを入力すると初めから200円チャージされた状態でバンドルカードを作成できます。
『uczdns』が招待コードですので、ぜひ登録してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です