信用情報

自分のブラックな信用情報が載っているか確認する方法

更新日:

信用情報の開示請求

自分のブラック情報がどんな風に載っているのか見たいと思った時、あなたの消費者金融やクレジットカードの使用履歴、携帯電話・スマートホンの分割払いの支払い状況が登録されている、個人信用情報機関に情報開示の請求をします。

信用情報を請求、確認するには、「CIC」「JICC」「JBA」という3社ある個人信用情報機関からそれぞれに開示してもらう必要があります。

自分ではブラックになってしまったと思っていても意外とホワイトだったり、その反対にホワイトだと思っていても実はブラックになっていたりする場合があります。

特に長期延滞していると、どうせブラックでどこにも借りれないんだからと諦めて、自分の信用情報を見る気にもならないでしょうが、個人信用情報を開示請求をすることが大事だと考えますので、開示方法について説明します。

CICやJICC、JBAといった個人信用情報センターから個人信用情報を開示請求しても、今住んでいる住所が借りていた業者にバレることは無いので安心して下さい。

もしお金に余裕がない場合には、JICCを先に開示請求して、CICそしてJBAという順番で取りましょう。

それではCIC・JICC・JBAの個人信用情報の開示手続きの仕方について説明していきます。

自分のブラックな個人信用情報はどこで開示するの?

自分のブラックな信用情報を確認できる個人信用情報機関には、クレジット、信販系CIC・消費者金融系JICC:日本信用情報機構・銀行系JBA(KSC外郭組織):全国銀行個人信用情報センターの3社があります。

「CIC(シーアイシー)」には主に、商品購入の分割払いの使用履歴が登録され、「JICC(日本信用情報機構)」には主に、消費者金融の利用履歴とクレジットカードでのキャッシングの利用履歴、銀行から借りたカードローンの履歴が登録されています。

「JBA(全国銀行個人信用情報センター)」には、一部クレジットカード会社の利用履歴と、銀行から借りたカードローンの利用履歴が登録されています。

CIC・JICC・JBAそれぞれ、開示手続きの方法が違いますので説明します。


CICのブラック情報開示手続き方法

ブラックな信用情報を確認したい場合の、情報の請求先のひとつであるCIC(シー・アイ・シー)は、主にクレジットカード会社、ローン割賦会社、一部の大手消費者金融が加盟している個人信用情報機関です。

CIC(シー・アイ・シー)

インターネット開示(毎日8:00~21:00)

  • 必要書類:なし(クレジットカード決済なので、本人確認書類等必要ありません)
  • 手数料:1000円
  • 決済方法:指定ブランドでのクレジットカード払い

☑CICの情報開示はネットが簡単なのですが、クレジットカード決済なので、持っていない方は郵送か窓口となります。
☑郵送の場合はゆうちょ銀行窓口で定額為替証書の発行、役所で書類の発行をしなければなりません。
☑窓口の場合も役所で書類発行が必要なうえ、平日しか窓口は開いていません。

郵送による開示請求方法

step
1
開示申込書を書く

開示申込書を書くのですが、CIC公式ホームページからダウンロードして印刷して下さい。

CIC信用情報開示申込書の見本

step
2
本人確認書類と小為替の準備

氏名・生年月日・住所が分かる身分証明書のコピーを用意して下さい。
健康保険証・年金手帳・戸籍謄本・印鑑登録証明書のうち2点を用意※必ず2点必要です。
ゆうちょ銀行の定額為替証書1,000円も用意します。

step
3
CICへ郵送

準備した書類、手数料として定額為替証書1,000円をCICに郵送します。

この時、到着日が確認できるレターパックライトでの郵送がお勧めです。

step
4
CICから自宅へ到着

CICから開示報告書が約5日~7日後に到着しますので、開示された情報を確認して下さい。

窓口開示(平日10:00~16:00)の手順

月~金(祝日・年末年始を除く)10時~12時と13時~16時まで受け付けます。※予約制ではありません。

step
1
必要書類を準備してCIC窓口へ

氏名・生年月日・住所が分かる身分証明書のコピーを用意して、CIC開示窓口で行きます。CIC開示窓口(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡)
必要本人確認書類:健康保険証・年金手帳・戸籍謄本・印鑑登録証明書のうち2点を用意

step
2
申込書と手数料を支払う

CIC開示窓口で開示申込書と手数料現金500円を支払って下さい。

step
3
信用情報の受取り

20分程待たされ、その場で開示請求した信用情報の受取りできます。

首都圏開示相談室
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階(地図はこちら

北海道開示相談室
札幌市中央区北3条西3-1-6 札幌小暮ビル8階(地図はこちら

東北開示相談室
仙台市青葉区中央4-2-16 仙台中央第一生命ビルディング7階(地図はこちら

中部開示相談室
名古屋市中区丸の内2-20-25 メットライフ名古屋丸の内ビル8階(地図はこちら

近畿開示相談室
大阪市北区梅田三丁目4番5号 毎日インテシオ 5階(地図はこちら

中四国開示相談室
岡山市北区下石井一丁目1番3号 日本生命岡山第二ビル 新館4階(地図はこちら

九州開示相談室
福岡市中央区天神1-2-12 メットライフ天神ビル7階(地図はこちら


時効になっていた場合や時効について知りたい方は、関連記事の延滞情報を消す方法で確認して下さい。

時効の援用
手っ取り早くCICとJICCのブラック情報を消す方法

続きを見る

JICCのブラック情報開示手続き方法

特にキャッシング履歴のブラックな信用情報を確認したい場合の、情報の請求先であるJICC(日本信用情報機構)は、主に消費者金融やクレジットカード会社、銀行が加盟する個人信用情報機関ですので、キャッシングを利用した場合には必ず登録されます。

☑携帯電話のアプリで申し込めるサービスは、支払い方法もいろいろあるので運転免許証があればすぐにできます。

JICC:日本信用情報機構

情報開示モバイル受け付けサービスの手順

step
1
本人確認書類の準備

日本の官公庁が発行した有効期限内のもので、氏名・現住所・生年月日が確認できる身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)の写真を用意します。

step
2
JICC書類送付アプリをダウンロード

JICC書類送付アプリ、i-phone用ダウンロードAndroid用ダウンロードし、アプリを起動し本人確認書類の画像を送付します。

step
3
手数料1,000円の支払い方法を選択

手数料1,000円の支払い方法を選択しますが、支払い方法は以下の4つです。
・クレジットカード決済
・コンビニエンスストア支払い
・金融機関のペイジー対応ATMで支払い
・ペイジー対応のオンラインバンキングから支払い

step
4
JICCから自宅へ到着

JICCから開示報告書が約5日~7日後に到着しますので、開示された情報を確認して下さい。

郵送による情報開示(定額小為替証書決済)の手順

step
1
開示申込書を書く

開示申込書を書くのですが、JICC公式ホームページからダウンロードして印刷して下さい。

JICC開示申込書見本

step
2
本人確認書類と小為替の準備

氏名・生年月日・住所が分かる身分証明書のコピーを用意して下さい。
顔写真付き身分証明書なら1点、健康保険証・年金手帳・戸籍謄本・印鑑登録証明書であれば、このうち2点を用意
ゆうちょ銀行の定額為替証書1,000円も用意します。

step
3
JICCへ郵送

準備した書類、手数料として定額為替証書1,000円をJICCCに郵送します。
この時、到着日が確認できるレターパックライトでの郵送がお勧めです。

step
4
JICCから自宅へ到着

JICCから開示報告書が約5日~7日後に到着しますので、開示された情報を確認して下さい。

窓口開示(平日10:00~16:00)の手順

月~金(祝日・年末年始を除く)10時~16時まで受け付けます。

step
1
必要書類を準備してJICC窓口へ

日本の官公庁が発行した有効期限内のもので、氏名・現住所・生年月日が確認できる身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)の用意して、JICC開示窓口で行きます。
JICC開示窓口(東京・大阪)

step
2
申込書と手数料を支払う

JICC開示窓口で開示申込書と手数料現金500円を支払って下さい。

step
3
受取り

20分~30分程待たされ、その場で開示情報の受取りできます。

東京開示センター
東京都台東区北上野1-10-14 住友不動産上野ビル5号館9階(地図はこちら

大阪開示センター
大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル6階(地図はこちら

JBA(KSC)のブラック情報開示手続き方法

銀行からの借入れ履歴でのブラックな信用情報を確認したい場合の、情報の請求先であるJBA(全国銀行個人信用情報センター)は、銀行(信用金庫や労金等も含みます)と一部のクレジットカード会社が加盟する個人信用情報機関です。

JBAが全国銀行個人信用情報センターという情報を保持している個人信用情報機関で、KSCは全国銀行協会(全銀協)ですので、請求先はJBAとなります。

JBA:全国銀行個人信用情報センター

☑JBAは郵送開示しか受け付けておりません。
本人確認書類は2点必要ですが、運転免許証、健康保険証など手元にあるもので間に合わせられそうが、ゆうちょ銀行窓口で定額為替証書を発行しに行かねばならず、手間が多いのは確かです。

郵送開示の手順

step
1
開示申込書を書く

開示申込書を書くのですが、JBA公式ホームページからダウンロードして印刷して下さい。

JBA・KSCの信用情報開示申込書見本

step
2
本人確認書類と小為替の準備

氏名・生年月日・住所が分かる身分証明書のコピーを用意して下さい。
健康保険証・年金手帳・戸籍謄本・印鑑登録証明書のうち2点を用意※必ず2点必要です。
ゆうちょ銀行の定額為替証書1,000円も用意します。

step
3
JBAへ郵送

準備した書類、手数料として定額為替証書1,000円をJBAに郵送します。
この時、到着日が確認できるレターパックライトでの郵送がお勧めです。

step
4
JBAから自宅へ到着

JBAから開示報告書が約7日~10日後に到着しますので、開示された情報を確認して下さい。

ブラック情報が登録される個人信用情報機関の役割

CIC・JICC・JBAといった個人信用情報機関には、キャッシングの申し込みや利用履歴、クレジットカードの申し込みやその利用履歴、携帯電話スマートホン等も割賦申し込みや取引履歴、住宅ローンの申し込みや返済履歴など申し込み内容や申込み時間、契約内容や返済日というような取引内容に関する履歴が記録されています。

お金を借りたり、住宅ローンや、カードローンなどを契約する際、消費者金融やクレジットカード会社のような金融機関は、申込者の支払い能力の有無を判断するするために個人信用情報を照会していますが、時々消えているはずの悪い情報が残ったままになっている場合があります。

自分の「開示報告書」を見て、不審に思うことがあれば不服の申立ても行うこともできます。不服の申立ては、個人信用情報機関にしなければならない場合と金融機関にしなければならない場合とがありますので注意して下さい。

-信用情報