他社を延滞中の超ブラックでも利用できる給料債権ファクタリング

延滞中の超ブラックでも絶対借りれるファクタリングサービスがあります。延滞者というレッテルを張られると、お金を借りたいと思っても正規貸金業者から正規の利息で借りることはかなり難しくなってきますが、会社から給料さえ貰っていれば、どんなブラックでも『給料債権ファクタリングで即日現金調達が可能』です。

残念ながら無職の方は対象となりませんが、ご主人が給料をもらっている主婦は審査対象になっています。

正確に言うと融資ではないので、個人信用情報機関に照会することもありませんし、個人信用情報機関に登録されることもありません。物凄いシステムで是非利用したいと思うでしょうが、後悔しないためにも、よく知ってからお申込み下さい。

他社を延滞中の超ブラックでも利用できる給料債権ファクタリングとは?

給料債権ファクタリングとは、融資ではなく、あくまで給料債権を買い取って現金化するサービスのことで、利息が生じる心配もなく、個人信用情報機関に借入れデータに載ることもありません。そのため、金融ブラックの方でも利用することができます。総量規制で借りれない人や住宅ローン審査が控えている人にはメリットがあるかもしれません。

ファクタリングとは本来、企業が売掛債権を売却して資金を調達するサービスのことを指します。ファクタリングの最大の魅力は、本来支払期日にならないと入金されない債権(売掛金、給料)を利用者の好きなタイミングで現金化できることです。

つまり給料ファクタリングとは、既に働いた分の給料を給料支給日まで待たずに受け取れる、給料の前借り感覚の新しい現金調達サービスです。

給料債権ファクタリングを契約後に他社と契約

給料債権ファクタリングを取り扱う会社は数社ありますが、1社契約すると、ほかの給与債権ファクタリングとの契約をしたら、返済が不可能になるのでやってはいけませんが、通帳、印鑑、キャッシュカード等を預かるのは違法ですので、実際のところ可能なのかもしれません。

ただ、給料債権ファクタリングという商品を扱う会社は、横のつながりがあると思っていたほうが良いと思いますし、仮にできたとしても、支払い期日に両方の決済ができる自信がない場合には、自分が苦労するだけです。

給料債権ファクタリングを契約後に消費者金融と契約

給料債権ファクタリングと契約しても、消費者金融やクレジットカード会社のような貸金業者との契約は可能です。給料債権ファクタリング会社は信用情報機関に登録されませんので、申し込みの際に申告する必要はないからです。

給料債権ファクタリングを利用するデメリットとメリット

給料債権ファクタリングを利用するにはデメリットもありますが、利用の仕方次第ではメリットの方が大きいのではないでしょうか。

給料債権ファクタリングのデメリット

最大のデメリットは、手数料が高いことです。

  • 手数料10%~というのは、年率換算で120%になる。(闇金よりは絶対良い)
  • 次回の給料で一括返済しなければならないので、支払いの分割ができない。(返済すればすぐに借りれるというメリットも)
  • 1ヶ月分の給料以上は買い取れない

給料債権ファクタリングのメリット

最大のメリットは、どんなブラックリストであっても利用できる点でしょう。

  • どんな金融ブラックでも給料を前借り感覚で現金化できる。
  • 延滞になりそうな場合の急場しのぎができる。
  • 個人信用情報に記載されない。
  • 返済すれば直ぐに借りれる。

給料ファクタリングは融資ではなく、あくまで給料債権を買い取って現金化するサービスですので、利息が生じる心配もなく、個人信用情報機関に借入れデータに載ることもありません。そのため、金融ブラックの方でも利用することができますが、今一度本当に必要なお金なのかどうかを考えて下さい。

給与債権ファクタリングは使い方次第でブラックから脱出できる

給料債権ファクタリングというのは、利息が無い代わりに手数料が発生します。七福神の場合10%~となっているので、正直言って年率に直すと120%~ということになります。闇金に手を出すよりは遥かに安い手数料ですので、これを利用する場合には利用した後のことも考えながら利用すべきです。

総量規制で借りれない場合の利用方法

総量規制以上に借りたい場合には、給与債権ファクタリングは総量規制を気にせず借りれるのですが、本当に必要なお金であるかどうかは考えてから利用して下さい。手数料は少々高くても、給料債権ファクタリングを利用している金額は、個人信用情報には反映されませんので、少額をまとめれば消費者金で借りれる場合には使う価値があるかもしれません。

当然それ以降は給料債権ファクタリングは利用しないほうが良いでしょう。給料債権ファクタリングを利用し続けることは推奨しませんので、利息の安いところを早く見つけて下さい。

延滞になりそうな場合の利用方法

延滞してしまえば、どこからも借りれなくなるので、先ずは延滞ブラックにならないように、手数料は少々高くても、給料債権ファクタリングを利用して、遅れを無くすことを(遅れずに支払う)優先します。遅れさえなければ、どうにか借りれるところがあるので、確実に借りれるところを探して借ります。

借入件数を減らす必要がある場合の利用方法

例えば、住宅ローンを組む場合の条件で、クレジットカードのリボ払いを無くさなければいけないということがあります。住宅ローンを組んだ後ならいくらでもリボ払いしても良いのですが、一ヶ月間だけ完済しておく必要がある場合に利用することもできます。

自己破産の免責が確定していない場合の利用方法

自己破産後の免責が確定しさえすれば、何社か正規貸金業者で貸してくれるところがありますが、免責が確定していないのであれば、借りれるところはありません。しかし、給料債権ファクタリングを使えば良いのです。

死活問題に直面したのであれば、公的資金での援助もありますが、直ぐにお金が必要であっても公的資金は審査に時間が掛かり、直ぐにお金が必要な方向きではありません。

免責確定前に借金することは免責不許可事由に当てはまりますが、給料債権ファクタリングは簡単にいうと融資ではない『給料の前借り』なので、免責不許可事由にあてはまりません。但し、自己破産までしたのですから、覚悟を持っての利用をして下さい。

即日入金される給料ファクタリングの七福神とは

即日入金が基本の「七福神」という給与債権ファクタリングを扱う会社があります。先ずは会社から給料が支給されているということが大前提です。

  • 延滞中でどこからも借りれない
  • 債務整理中でどこからも借りれない
  • 急遽現金が必要になった
  • 公共料金の支払いが間に合わない
  • 給料の前借りを相談したが断られた
  • クレジットカードの引落しが足りない
  • 現状だけでもしのぎたい

こんな方でも利用できるのですから、どこからも借りれない方にとっては救世主です。

必要書類等の詳細

必要な書類は

  • 顔写真付の身分証明書(免許、住基カードなど)必須
    顔写真がない場合は審査で落とされています
  • 保険証
  • 直近3ヶ月分の給料明細または給料が振込みされている通帳のページ

※支給日(何月分だけではなく)が確認できる物が必要になり、公共料金、電話料金の請求書等があれば、審査が有利に進みます。
※直近3ヶ月分の給料明細、または給料が振込みされている通帳のページ(給料明細に『支給日』が記載されていない場合は、お給料が振り込まれている通帳のページの画像等)になります。ネットバンキングを利用している方は、給料の入金が分かる画面のスクリーンショット等でも可能です。

聞き取り調査の詳細

大企業に勤めている方、借入れがない方の手数料は10%程度で、中小企業に勤めている方、借入れが多い方、給料が高くない方の手数料は20%程度のようです。

  • 勤続年数
  • 家の所有形態(借家 or 持家)
  • 緊急連絡先(名前と電話番号)
  • 自宅の居住年数と住宅ローンの有無
  • 給与体系(固定給or歩合給、入金日、ボーナスの有無)
  • 給与の手取り金額
  • 他社の借入れ状況(審査に影響しない)
  • 債務整理などの有無(審査に影響しない)
  • 闇金融からの借入の有無(審査に影響しない)

七福神のとの契約の流れ

申込みから契約までの流れはとても簡単でスピーディーなものです。

申込みから契約
  • step1
    申込み

    申し込みます。簡単な必要書類を、FAXまたは写メールで送信します。
    (顔写真入り証明書・保険証・直近3ヶ月分の給料明細またはお給料が振込みされている通帳のページ等)

  • step2
    審査結果

    審査結果が連絡きます。

  • step3
    契約~入金

    PDFでメールアドレス宛に契約書を送信後、承諾し契約します。受付けから最短30分で振り込まれます。

最後に

手数料は安いとは言えませんが、延滞中で何処にも借りれない場合や免責の確定がまだだといったような人の利用の仕方によっては、次のステップに踏み出せるという利点のある『給料債権ファクタリング』というサービスです。

決してその場しのぎのためだけに利用することだけは避けた方が良いと思います。給料債権ファクタリングというのは、利息が無い代わりに手数料が発生するということをお忘れなく。