携帯電話

携帯電話料金、未納延滞ブラックでも契約できるキャリア5社

更新日:

docomo、au、softbankの携帯やスマホの電話料金延滞や未納で携帯ブラックになってしまっていても、契約できる携帯キャリアがあります。

当然ドコモ、au、ソフトバンクは延滞や未納分を支払えば、再度契約してくれます。

「格安SIMが契約できても、最新のスマホが欲しいんだよなーー」「クレジットカード持っていないし・・・」って方にも、とっておきの情報がありますので、読み進めて下さい。

ドコモ、au、ソフトバンクは、消費者金融等の金融機関にある個人信用情報機関と同様の与信センターが、携帯キャリアにも存在しています。

定期的に各キャリアから未納事故情報などが登録されていて、新規契約などの際に照会する事となっています。

docomo、au、softbankの与信

未払いを起こす事によって携帯電話会社から強制解約の措置が取られ、この『強制解約』という措置が与信センターの記録として残り続けて行くためなのです。

このようにキャリア社内で半永久的に事故の情報が残るのは当然です。

スマートホンの分割払い
スマホの分割審査NGの3つの原因とその解決法

最近、スマートホンの分割払いの審査が通らない若者が増えています。クレジットヒストリーがないことや、携帯電話料金と一緒に請求されるスマートホンの端末代金まで支払っておらず、知らず知らずのうちに金融ブラッ ...

続きを見る

しかし携帯電話の会社関連の個人信用情報機関においても、これは実際には「強制解約」というような種類の情報が消えずに残っているというのですから、そのままで新規契約となると、高確率で断られると言えます。

しかし、金融機関で事故を起こしてしまった人でも、直近で料金の未払いなどがなければ新規契約は可能となります。

延滞ブラックでも借りれる方法
長期延滞者でも借りれようになる方法とは?CIC・JICCの登録期間

長期延滞者(このサイトでは5年以上を基準)がお金を借りたりクレジットカードを作る方法について解説します。 ブラックリストに載ると5年~10年間ブラック情報が残ります。 5年で時効になる借金でも、時効の ...

続きを見る

延滞中の未納料金なんて払えないよ!

未納分のお金があれば何も苦労はしないんだよ、という方には、docomo、au、softbank以外の携帯キャリアをご紹介します。

確実に契約したいのであれば、データSIMだけ契約してから通話SIMに切り替えて下さい。

延滞中でも無職でも借りれるところ
延滞中の超ブラックでも5万まで即日融資可能なところ

延滞・長期延滞中の超ブラックでも5万円までなら借りれる裏ワザがあります。消費者金融や銀行等の金融機関を延滞していても借りれます。生活費等のお金に困った時に利用できる便利な制度だってあるんです。 この情 ...

続きを見る

料金滞納中でも契約可能なエキサイトモバイルをオススメする理由

エキサイトモバイルも未納ブラックでもSIM契約できます。契約にはクレジットカードが必要となっていますが、楽天銀行やりそな銀行のVISAデビットカードでも大丈夫です。

おススメの理由は、最新スマホも審査なしで、デビットカードで分割して支払える点です。

デビットカード
延滞ブラックでも作れるデビットカードとは?

クレジットカードを、延滞や自己破産、債務整理等何らかの理由で強制解約された方の必需品となっているデビットカードについて簡単に説明しておきます。長期延滞中のブラックリストでも作れたデビットカードではない ...

続きを見る

本人確認書類をインターネット上でアップロードして、次にのボタンを押せばクレジットカードの登録画面になるので、デビットカード番号を入力すれば、契約完了となり、2~3日後に宅配便で送られて来ます。

安心のドコモ回線 エキサイトモバイル

同じようにUQモバイルは、購入アシストというプランがありましたが、現在廃止され、CICの個人信用情報を参照するようになったので、金融ブラックの人は分割ができなくなりました。

その点エキサイトモバイルは、デビットカードをクレジットカードと認識してくれるので、デビットカードさえあれば最長24回まで分割ができます。

私はデータ通信専用SIMと端末セットにして、今まで使っていた通話用のスマホが壊れかけていたので、SIMを差し替えて使っています。

ブラックでも作れるクレジットカード
【実録】長期延滞中のブラックでも作れたクレジットカード

長期延滞中に私が作れたクレジットカードのお陰で、あるクレジット会社以外は落ちたことがありませんし、今では住宅ローンを含めると6,000万円まで借金が膨らみましたが、今ではクレジットカードが無い生活はで ...

続きを見る

楽天モバイルをオススメする理由

先ずおススメしたいのは、楽天モバイルです。

ほとんどのキャリアはクレジットカードを必要としており、楽天モバイルもクレジットカードが必要ですが、楽天モバイルなら楽天銀行やりそな銀行他の発行するVISAデビットカードでも契約できます。

通信速度も比較的速めで、格安スマホを一緒に買うと楽天ポイントがたくさんもらえるキャンペーンをいつも行っています。新しいスマホが必要な場合や楽天市場を使うことがあるなら楽天モバイルが一番おすすめの格安SIMになります。通話SIMを申し込むと楽天市場での買い物でもらえるポイントがずーと2倍になります。

しかも他キャリアの未納ブラックでも契約できるんです。

楽天モバイル料金プラン

 データSIM通話SIM通信速度
SMSなしSMSあり
ベーシックプラン525円645円1,250円200Kbps
3.1GBプラン900円1,020円1,600円
下り最大
225Mbps

 

上り最大
50Mbps
5GBプラン1,450円1,570円2,150円
10GBプラン2,260円2,380円2,960円
【楽天モバイル】 対応端末
スマートホン
クジットカード・携帯ブラックでもスマホ契約できる方法

クレジットカードはないとか、携帯もブラックでスマホも契約できないという方へ朗報です! 最新スマホが分割払いできる方法です。 最後の砦になるかもしれない情報です。 目次クジットカード・携帯ブラックでもス ...

続きを見る

docomo、au、softbank以外のSIMキャリアで注意すること

通話料が高いので、LINEやFacebookメッセンジャーの無料電話機能を使わなければビックリする金額になります。

ほとんどの方が使っているとは思いますが、LINEやFacebookメッセンジャーの無料電話機能を使っていない方には、『楽天でんわアプリ』をおススメします。

通話料金を安くする楽天でんわアプリをオススメする理由

楽天でんわアプリと格安SIMと併用すれば、本当に格安で携帯電話やスマホが持てますし、LINEやFacebookなら無料で通話できるので、通話料を抑えることができます。

他にブラックOKの携帯電話の入手法の一つに、知名度が低いレンタルがあります。 金融のブラックOKのため、需要が高くなっています。

レンタルなら、使用料金に上限が設定されるため、使いすぎを防いだり、支払いが困難になる事もほとんどありません。

最近のiPhoneやスマートフォンにしてもガラケー所謂フューチャーフォンやタブレットにしても値段が高く電話は、分割購入となる事がほとんどのため、金融での場合、契約する事自体が困難になっています。

また、お客様がこのような状態の場合にはソフトバンクやドコモとキャリア会社を変えたとしても与信センターの情報によって、新規契約が困難となっています。 こうした人のためにシステムとしてあるのが、過去の事故者のレンタルと言えます。

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯やスマホの電話料金延滞や未納で携帯ブラックになってしまっていても、契約できる携帯キャリアがあります。

当然ドコモ、au、ソフトバンクは延滞や未納分を支払えば、再度契約してくれます。

まあ、延滞分か未納分を支払えば再度契約してくれるのですが、このサイトに辿りついた方は、「そんな金額払ってまで・・・」と考えている方がほとんどだと思って話を進めます。

携帯ブラックでも契約できる格安SIMがある!

ドコモ、au、ソフトバンクの何れかを長期滞納したり未納があれば、契約解除されてしまいます。

携帯ブラックでも契約できる格安SIM(MVNO)とは!

UQ mobile(au回線使用)

格安SIMの中で圧倒的に一番速い通信速度を維持しているのがUQ mobileです。通信速度を重視する場合、UQ mobileが唯一の選択肢といってもいいと思います。

最新スマートホンが審査なしで0円で買える機種も存在します。

LINEモバイル

クレジットカード無しで契約できるLINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラム等のSNS系アプリのデータ消費なしで使うことができます。

月額300円キャンペーンをしているので、SNS系のアプリを使う人にはお得です。

「LINE Payカード」が使えるので、クレジットカードを持っていなくても契約できるのです。

ホームページに掲載されている内容を見てみると、クレジットカードがなければ契約ができないといった文章が書かれているのですが、実際には『LINE Payカード』があれば契約が可能です。

LINE Payカードを使ってのLINEモバイル契約方法を詳しく解説

J:COMモバイル

UQモバイルと同じくau回線を使用した格安SIMですが、auかんたん決済は使えません。

DMM mobile(NTTドコモ回線使用

データ量の選択が豊富で月額料金も最安値です。通信速度も速くバースト機能もできます。

スマホの分割審査NGの原因と解決法・・・他

格安SIM(MVNO)の特徴

1.デビットカードで契約OK

ブラックには最大の難関、、、契約時のクレジットカード入力ですが、
3社共にデビットカード(一部できないデビットカード有り)での契約可能なんです。
しかし端末の分割についてはクレジットカードが必要です。(UQ mobileには0円機種がある)

デビットカードって?いう方や、まだ持っていない方は、こちらの⇒【デビットカードとは】をお読み下さい。

2.通信エリアに問題はない

au回線もしくはNTTドコモ回線を使用しているため、通信エリアには何も問題はありません。

3.契約期間の縛りが短い

各社共、契約期間の縛りが楽天モバイルの縛りなし~最高のDMMでさえ12ヶ月という契約縛りです。

4.NMP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)が利用可能

現在契約している携帯電話会社の電話番号をそのまま使えるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)利用可能

キャリアメールとドコモ、au、ソフトバンクが独自に提供しているサービスが受けれなくなること以外は、何も不自由なことはありません。

UQ mobileの場合、この使えなくなる期間がありません。UQ mobileの格安SIMを申し込んでもスマホは使えるままになっています。電話もできるしネットもできます。

UQ mobileは申し込みから1週間後に自動的に回線の切り替えが行われ、今使っている携帯キャリアから格安SIMの回線に切り替わります。その切り替わる前にUQ mobileから格安SIMが届くのでMNPでもスマホが使えなくなる期間というのがありません。

またSIMカードが届いたら自分で回線の切り替え手続きをネットで行うことができます(受付時間9時30分から20時30分)。回線が切り替えると現在使っているスマホが使えなくなりますが、届いた格安SIMをauのスマホや格安スマホに入れ替えて設定すると使えるようにします。

MNP

※おサイフケータイは端末によって使える場合があります。

使える端末

持っている端末があれば、持っている端末に合わせた格安SIMを選んだ方が良いですね。

UQ mobile(au回線使用)

2012年から2014年冬までに発売されたauのスマホならほとんど問題なく使うことができます。
問題は2012年以前と2014年冬以降に発売されたauのスマホです。
2014年冬以降にVoLTE対応機種が発売され始めましたが、UQ mobileでこのVoLTE対応機種を使いたい場合はSIMロック解除が必要になります。(UQ mobile動作確認済み端末

楽天モバイル(NTTドコモ回線使用)

基本的に、SIMロックを解除した端末であれば使えます。(楽天モバイル動作確認済み端末

DMM mobile(NTTドコモ回線使用)

ドコモ端末であれば、SIMロック解除せずにつかえます。(DMM mobile動作確認済み端末

持っていない場合は、中古の白ロムを購入して下さい。どうしても最新機種にこだわるかたは、現金一括購入しかないので、【長期延滞中のブラックでも借りれる】を参考にして、現金を用意して下さい。

-携帯電話
-, ,