住宅ローン延滞で自宅が競売になりそうな場合



住宅ローンを延滞し続けていると、自宅が競売に掛けられてしまいます。住宅ローンの支払いが出来なくなってしまった場合、基本的に借入先の金融機関はその不動産ご自宅などを差し押さえすることが可能です。法律でも、競売にかけて良いと認められています。競売にかかる前にしっかり 競売の通知が自宅に来ます。



競売について

不動産などの担保を入れてお金を借りる際には高額で低金利の融資を受けることが出来るため大変便利ですが、金融機関が担保として取っていた土地などでは期限を過ぎると自動的に競売が始まってしまいます。裁判所の競売物件なども確認できます。競売は最も良い購入条件を提示した買い手が落札可能なシステムです。

競売は一般的に競売物件を購入する側でなく、ご自宅を担保に現金を借り入れをして期限内に支払えなくなると不動産を競売にかけられてしまうことがあります。

不動産を担保として融資を受けてから残債務の支払いを続けていきますが、借り入れした金額を支払えないときには最悪の場合、物件を手放すこともあります。

競売の手続きが進行すると、債務者はこのような不利益を被ってしまいます。

それを防ぐには、競売の手続きを止めなければなりません。

債権者に競売の取り下げをしてもらえれば、手続きを止めることが可能です。そのため、競売開始通知が債務者の元へ届いてしまったら、債権者に競売を取り下げてもらう方法を考えましょう。



競売開始通知が届いたら

銀行は債務者が住宅ローンを滞納後、おおそそ6~7カ月程度で競売を申立てます。

競売の手続きは、債権者が裁判所へ申立をして行いますので、債務者は、競売の申立の手続きに全く関与できません。

債務者が競売にかけられてしまったことを把握するのは、「競売開始通知」という書類が裁判所から届いたときになります。この書類は、「債務者に対する競売の手続きを始めます」という裁判所からのお知らせです。

競売を取り下げてもらう方法

競売を回避したいのであれば、債権者から競売を取り下げてもらわなければなりません。

そのためには、債権者の協力を得られるように相手との交渉の場で納得してもらえるような話を持ちかけることが大切です。

債権者に対して、任意売却への切り替えの話をすると、納得してもらえる場合が少なくありません。

任意売却も、債務者の不動産を処分して得られた売却代金から債権の回収をはかる点で、競売と共通しています。

さらに、任意売却は、一般市場で不動産取引を行うため、一般流通価格に近い値段で処分が可能です。

そのため、競売よりも高い値段で売却できるので、その分各債権者の配当金も多くなるメリットがあります。

住宅ローンの返済でお悩みの方は任意売却という方法も選択肢の一つです。住宅ローンの滞納・競売でお悩みの方は、専門の金融機関や弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

競売になりそうな物件にも対応してくれる金融業者


もしも住宅ローンが払えないという状況の場合、競売にならないように早いタイミングで任意売却に関しての専門業者に相談する必要があります。

競売のケースで債務者が何もせずとも事が進行して行き、裁判所は新たな買主(落札者)との面談から各種手続きに進んでしまうからです。任意売却の最もなメリットとして任意売却は競売より高く売る事が可能になります。

まとめ

債権回収のため金融機関では、不動産競売手続きは期限以内に支払いが確認できないときには不動産を差し押さえます。

法的には債権者の申立てに基いて裁判所が強制競売を認めることになります。

競売物件は買い手にはお得な物件が多いのも事実ですが、債権者に取っては、お持ちの不動産の価格を安く手放すことにもなります。

競売開始通知が届いたら、すぐに任意売却への切り替えも視野に入れることが大切です。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です