申込みブラックでも借りれる消費者金融

審査

この3社なら申し込みブラックでも借りれる消費者金融

更新日:

最近の質問や相談に「ブラックでも絶対に借りれる消費者金融はありますか?」や「ブラックになってしまったのですが、消費者金融なら借りられますか?「ブラックリストでも借りられた審査が甘い消費者金融を紹介して下さい」といった内容が目立ちます。

ブラックというのは消費者金融が決めた基準で審査を通すか通さないかを決める尺度であって、法的にブラックという基準はありませんし、金融会社の社員同士でも「この人ブラックだから云々」というようなことも言いません。

個人信用情報の開示しても出てこない、31や33というような番号でブラックの種類理解しています。大きくブラックを分類すると、

  • 申込みブラック
  • 延滞ブラック
  • 債務整理ブラック

3つに分かれることになりますが、この記事では、「申込みブラック」について詳しく解説し、「申込みブラックでも借りれる消費者金融」も紹介していきます。

大手消費者金融(アコム・プロミス・レイク・アイフル・モビット等)以外の消費者金融であれば、申し込みブラック程度のブラックなら歓迎している中小のサラ金はいくらでもあります。

借入審査の可決率を上げるポイント

これから紹する消費者金融に融資を申込む前に意識していただきたい3つのことを紹介します。これらのポイントを意識しなければ、なかなか仮審査にも通らない可能性もあるので、申し込み前に一度チェックしておきましょう。

★短期間での申し込み過ぎに注意
★審査に落ちたら期間をを空けること
★申し込みは確率の高い日に低めの希望限度額で

申し込みブラックならフクホーがおススメ

フクホーは、大阪に自社ビルがある、安心して信頼して利用できる中堅の正規貸金業者です。

顧客からは神金融とも呼ばれる程、審査の甘さには定評があります。近郊であれば窓口申込みも可能ですが、インターネットを利用することで、全国各地からの融資申し込みに対応しています。

どの消費者金融でもなのですが、勤続が長ければ長いほど審査が有利で、他社借入件数に対しても柔軟な審査対応です。

フクホー

フクホーおススメポイント

  • 匿名でのお試し審査ができる
  • 審査結果が最短10分というスピード
  • 増額が早い

フクホーについてもっと詳しく

フクホーに融資の申込みをするには不安がある人は、フクホーについて詳しく見てもらうか、次の「エイワ」まで確認してみて下さい。

短期間での申し込み過ぎが申込みブラック

ついつい片っ端から申し込みたくなると思いますが、申し込みは短期間で一気に申し込まず、1社1社行って下さい。

消費者金融間で、申し込んだ事実の記録が個人信用情報機関によって共有されているため、一度に数件の申し込みをし過ぎると、何月何日何時何分まで業者は把握していますので、「他社の返済日が近くないか?」とか、「ヤミ金摘まんでないか?」と考えて審査落ちにしてしまうからです。

いわゆる「申し込みブラック」という状態です。

審査落ちしたら期間を空けること

消費者金融間で、申し込んだ事実の記録が個人信用情報機関によって共有される期間は6ヶ月です。その記録が残る期間内に複数社の申し込みを行うと、上記と同じ理由で審査に通りにくくなります。

そのため、もし可能であれば2〜3社落ちた後は6ヶ月後再度申し込みをすれば、審査に通る可能性が上がります。

申込みに適した融資審査が緩い日

消費者金融を含む金融機関には、各社員や各部署毎にノルマが課せられますし、日々の事務処理で忙しくしています。
新規貸付申込みや増額に適した曜日や日にちがあります。

週明けの最初の日は審査に不安がある人は申し込まない方が良いと思います。申し込みが集中しているので、JICCやCICへの個人信用情報の照会もせずに、「お断り」とする場合もありますし、照会してもチェックせずに否決とする場合もあります。

ポイントと関連記事

水曜日に、最初は低い限度額で申し込みをして、徐々に限度額を上げていくことが審査に通りやすくなるポイントです。
【関連記事】申込みブラックにならずに借りれる審査が甘くなる日

申込みブラックでも借りれる消費者金融

フクホー以外にも申込みブラックでも借りれる消費者金融があります。「ブラックでもOK!」とか「ブラックでも貸します」とか大々的にコマーシャルしている貸金業者はありませんが、実際には貸してくれる消費者金融です。

アローはブラックに人気の消費者金融

アローは、愛知県名古屋市にある、少し新しい正規貸金業者です。

申込み方法に電話での受付は一切しておらず、インターネットでのみ行えます。20万円未満の申し込みなら成約率がかなり高く、利用者の間で人気が高まりつつあります。

公式サイトでも過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)と公言しています。
自己破産後の申込みブラックなら特におススメです。

アローについてもっと詳しく

審査に自信がないときにすべきこと

「何社も断られ続けてしまったけど、どうしても借りたい」という人も中にはいらっしゃるでしょう。そこで、本当に自信がない方は、店舗のある中小の消費者金融を選びあえて対面で契約をしてみることをおすすめします。

ネットで申し込んで断られ続けている場合は思い切って店舗のある消費者金融を選び対面で契約を申し込んでみるのも一つの手です。

ネット申し込みに頼らない金融業者でも、本当は融資したいし、人を見て判断する場合が多いのです。直接店舗に行けば、あなたの人柄や、申し込みフォームに書かないことも自分で伝えることができます。

申込みブラックならエイワの人物審査に賭けてみる

インターネットからも申込み可能ですが、あえて店舗に出向いて審査を受ける方法で審査が通る確率を上げることもおススメします。

店舗がある地域限定ではありますが、広範囲に店舗がありますので、可能であれば突撃してみて下さい。

審査はかなり柔軟な『エイワ』は、ちょっと強面な男性社員がいますが、回収率を上げるための、昔からのパフォーマンスですので気にしないで下さい。自己破産、任意整理、多重申込みのブラック対応しています。

エイワについてもっと詳しく

気が弱い自信がある人はエイワの雰囲気は合わないかもしれません。本当は親身になって相談に乗ってくれるところなんですよ。

ポイントと関連記事

「ブラックでもOK!」とか「ブラックでも貸します」「自己破産していても貸します」とか大々的にコマーシャルしている貸金業者はありませんが、実際には貸してくれる貸金業者はたくさんあります。
【関連記事】超ブラックでも借りれる審査が甘い消費者金融

他の消費者金融を探す場合の注意点

消費者金融を探すときは、違法な金利で貸付する、いわゆる”闇金”に注意しなければひどい目に遭わされます。自社の宣伝文句で「ブラックでも大歓迎」「延滞中OK」などの言葉でアピールしている業者はヤミ金です。自社の宣伝文句も規制されています。

もちろん、このページで掲載している消費者金融は全て正規登録されているので安心して下さい。もしもあなたご自身で見つけた場合は、金融庁への登録があるかの確認をしましょう。

貸金業法により、消費者金融は金融庁への届け出が義務となっています。つまり、登録を行っていない業者は違法に貸金業を行っているということになり、闇金です。

ヤミ金を紹介しているサイトもありますので、金融庁への登録の有無の確認を、金融庁の設置している「登録貸金業者情報検索入力ページにて、業者の名称や登録番号から検索が可能ですので、調べてから申し込んで下さい。

しかし、「金融庁に正規に登録し、正規の登録番号を得た上で悪質な貸金業を行っている業者」や「債務整理をした方が良いので、弁護士を紹介する違法行為」もあるため、金融庁のホームページで見つかっただけでは安心すべきではありません。

ブラック別で探す方法とまとめ

申し込みブラックでも借りれる消費者金融のおすすめと、申し込む際の注意点を紹介してきましたが、審査に通過するコツは、焦らず1社1社申し込みを行っていくことです。

あなたの状況に合わせて借りれるブラック対応の消費者金融をまとめたページや参考になる借り方があります。

ポイントと関連記事

延滞中でどこにも借りれないと、「どんなことをしてでもお金を借りたい」という気持ちは良く分かります。延滞中の超ブラックになってしまっても、お金が必要という方にはいくつかのお金を手に入れる方法と借りれる方法があります。
【関連記事】延滞中の超ブラックでも借りたい時に借りれる方法

ポイントと関連記事

自己破産していると、ブラックだからもう二度と借りれないんじゃないかと心配になっている方が想像以上に多いと思います。しかし再出発を応援してくれる金融業者はありますので、心配することはありません。
【関連記事】自己破産していても借りれる消費者金融

ポイントと関連記事

任意整理・特定調停・個人再生で支払い中の方でも、借りれたという情報を参考にして下さい。
【関連記事】債務整理・任意整理中でも借りれる正規貸金業者

各社ある程度の審査基準と審査の程度を知っていますので、できるだけここで紹介しているところに申し込むのが結果的に最善なのです。

最初は、大きな金額は望めないかもしれませんが、申込みブラックが解消されるまで、短期間で借入申込件数を増やす事だけは避けてください。

-審査
-,