「過去」タグアーカイブ

過去に自己破産していても借りれる消費者金融3社





『自己破産している人は二度と借りれません。』と言われていたりしますが、自己破産して免責までもらっていれば、借りていた貸金業者は損金処理しますので、その日から5年で信用情報の記録が無くなります。免責確定日からちょうど5年で情報機関から情報は消えて、いわゆるホワイトになっていますので、自己破産した時の債権者以外のところなら、借りれる可能性は大です。しかし5年を待たず急にお金が必要になってしまった方、自己破産していも借りれる審査の甘い消費者金融があるのです。実際に自己破産後に借り入れている方々の情報です。

過去に自己破産していても歓迎な消費者金融

自己破産していてもお金を借りれる貸金業者を紹介します。




しかも、自己破産から5年経っていなくても借りれます。そんな貴重な消費者金融は、フクホー株式会社、株式会社ナショナル商事(ユニズム)、株式会社スペースで、3社共正規登録された消費者金融なので安心して借りれます。

自己破産後に借りれる3社

『自己破産していても借りれた』という情報が数多く寄せられた貸金業登録されている正規の消費者金融です。
法律上、指定情報機関(CIC・JICC日本信用情報機構・KSC全国銀行個人信用情報センターのいづれか)への加盟は義務付けられています。

関連記事:【自己破産から1年以内でも借りれるところ

フクホー株式会社

電話:0570-666-294
登録番号:大阪府知事(04)第12736号
日本貸金業協会会員第001391号

株式会社ナショナル商事

電話:059-378-0001
三重県知事(11)第00164号
日本貸金業協会会員第002935号

株式会社スペース

電話:072-226-6868
登録番号/大阪府知事(03)第12865号
日本貸金業協会会員第005357号

上記の3社は、破産・債務整理をした方にも柔軟な審査をしています。

関連記事:【長期延滞中でも作れたクレジットカード

破産手続きにより免責が確定した場合、債権者である消費者金融会社、クレジット会社、銀行等に対して、必ずしも裁判所から通知があるわけではありませんので、情報機関に加盟している債権者である消費者金融会社、クレジット会社、銀行等が、免責の確定を知らず情報を更新していない場合があるようです。情報機関で確認することをおすすめします。

過去に債務整理をしている方

過去に債務整理している場合も過去に自己破産している場合と同じで、債務整理した金融会社への完済日からちょうど5年で情報機関から情報は消えて、いわゆるホワイトになっています。

現在債務整理で返済中の方はコチラ

申し込みに注意すること

間違っても自己破産した時借りていたところに申し込むことをしたらいけません。貸したらいけないということはないのですが、審査に通る可能性はありません。

なぜ自己破産していても貸すのか

自己破産していれば、多重債務からも解放され他に返済がない状態なので、ある意味ホワイトな状況になっているからです。自己破産している人は借金の苦しみも知っています。急な出費で困っている方も多いでしょう。そして、返済がないのでお金を借りても返せるのに・・・とも。しかし、気を付けなければいけないのは、二度と同じ過ちを繰り返すことがないようにすることです。

貸付条件

最低の貸付条件は、免責決定されている事です。免責前に貸してしまえば破産債権一覧表に入れ込まれ、破産対象に債権者になるる可能性があるので、絶対貸しません。

申込む際気を付ける事

最初は、大きな金額は望めないかもしれませんが、短期間で借入件数を増やす事だけは避けてください。インターネットで申し込みしてから送金されるまでに必要な期間は各貸金業者によって違いがありますが、ほとんどの場合即日融資が可能です。書類のやりとりで時間がかかる可能性もありますので、焦らずに余裕を持って申し込んでください。短期間に何件も申し込み過ぎて申込みブラックにならないように気を付けて下さい。

先ずは、新たなる再スタートの気持ちで借りた消費者金融へ毎月延滞することなく半年間くらい信用をつけて増額にトライしてください。当然ですが、申し込み記入内容により融資の不可や金額も異なりますので予めご了承願います。