「住宅ローン」タグアーカイブ

住宅ローン延滞で自宅が競売になりそうな場合





住宅ローンを延滞し続けていると、自宅が競売に掛けられてしまいます。住宅ローンの支払いが出来なくなってしまった場合、基本的に借入先の金融機関はその不動産ご自宅などを差し押さえすることが可能です。法律でも、競売にかけて良いと認められています。競売にかかる前にしっかり 競売の通知が自宅に来ます。

競売について

不動産などの担保を入れてお金を借りる際には高額で低金利の融資を受けることが出来るため大変便利ですが、金融機関が担保として取っていた土地などでは期限を過ぎると自動的に競売が始まってしまいます。裁判所の競売物件なども確認できます。競売は最も良い購入条件を提示した買い手が落札可能なシステムです。




競売は一般的に競売物件を購入する側でなく、ご自宅を担保に現金を借り入れをして期限内に支払えなくなると不動産を競売にかけられてしまうことがあります。不動産を担保として融資を受けてから残債務の支払いを続けていきますが、借り入れした金額を支払えないときには最悪の場合、物件を手放すこともあります。

不動産競売は住宅ローンの返済でお悩みの方は任意売却という方法も選択肢の一つです。住宅ローンの滞納・競売でお悩みの方専門の弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

競売になりそうな物件にも対応してくれる金融業者

住宅ローンの延滞で差押えられた場合

もし自分の不動産が差し押さえられたり、差し押さえられそうになって競売になりそうなら、事前に弁護士に任意売却などについて相談しておくことをおすすめします。不動産を担保として借り入れしていた方は住宅ローンの返済が出来なくなると競売になります。住宅ローンの延滞においても差押えとなり、そして競売にかけられてしまうことになります。競売の通知が届いても事前に専門家に相談しておけばまだ任意売却が可能です。

任意売却について

もしも住宅ローンが払えないという状況の場合、競売にならないように早いタイミングで任意売却に関しての専門業者に相談する必要があります。

競売のケースで債務者が何もせずとも事が進行して行き、裁判所は新たな買主(落札者)との面談から各種手続きに進んでしまうからです。任意売却の最もなメリットとして任意売却は競売より高く売る事が可能になります。

まとめ

債権回収のため金融機関では、不動産競売手続きは期限以内に支払いが確認できないときには不動産を差し押さえます。法的には債権者の申立てに基いて裁判所が強制競売を認めることになります。競売物件は買い手にはお得な物件が多いのも事実ですが、債権者に取っては、お持ちの不動産の価格を安く手放すことにもなります。

ブラックでも借りれる不動産担保ローン!住宅の新規購入も可能





自己破産をしていたり、債務整理で返済中の金融ブラックでも借りれる不動産担保ローンがあります。不動産を持っていなくても、夢のマイホームを手に入れることが可能な総量規制対象外の不動産担保ローンがあるのです。

お勧めしたい不動産担保ローンとは?

一般的には不動産を所有している方が対象なのですが、不動産を所有していなくても、今から取得するための融資をしてくれる、ブラックでも通るローンがあります。




ブラックでも借りれる不動産担保ローンは、使い道が自由な不動産担保フリーローンなら、不動産を持っているか、担保提供してくれる親・兄弟・友人・知人がいることが前提ですが、住宅の新規購入なら必ずしも不動産を持っている必要はないのです。
不動産担保ローンの最大のメリットは、融資額が大きいこと、低金利での借り入れができるというです。関連記事に住宅ローン延滞で自宅が競売になりそうな場合があります。

お勧めしたい不動産担保ローン

このサイトの一押しは、日宝です。

日宝は、不動産担保ローンや住宅購入ローンを扱って30年以上の老舗です。


商  品  名 不動産担保ローン
ご融資額 50万円~5億円
使      途 原則自由
貸付利率 4.0%~9.9%
遅延利率 20.00%(実質年率)
返済方式 元利均等返済・元金一括返済・元金自由返済
期間・回数 1ヶ月~30年
担保・保証人 不動産
身分証明書 運転免許証、パスポート、健康保険証等
必要書類 健康保険証(国保も可)または運転免許証等
収入証明 お勤めの方・源泉徴収表 自営業の方・確定申告書 法人経営者・決算申告書
称    号 日宝
本    社 東京都渋谷区神南1丁目20番15号 和田ビル6階
電話番号 TEL 03-3496-3571 FAX 03-3496-6932
登録番号 東京都知事(11)第04793号
加盟団体 日本貸金業協会会員第000978号

 

日宝の不動産担保ローンとは?

1.ブラックでも借りれる

過去に自己破産をしていたり、債務整理で返済中の世間でいうブラックリストであっても借りることができるのです。不動産を所有していなくても、保証人がいれば融資可能な商品もあります。
いろいろな事情があって銀行の不動産担保融資が受けられない場合でも相談ができます。
住宅購入でなくても、使用目的自由のフリーローンとしても使えるので、他のローンのおまとめや、開業資金にも使えます。

2.住宅や土地の新規購入でも借入可能

新築でも中古でも、銀行の住宅ローンが受けれない金融ブラックでもマイホームを持てるという希望を与えてくれる会社なのです。

日宝は50万円~5億円の融資に対応し、実質年率は4.0%~9.9%となります。返済方法は元利均等返済・元金一括返済・元金自由返済を用意しており、いずれも返済期間は1ヶ月~30年までとなります。

返済の目安

金額 5年 10年 20年 30年
500万 ¥92,083 ¥50,623 ¥30,300 ¥23,871
1000万 ¥184,166 ¥101,246 ¥60,599 ¥47,742
3000万 ¥552,496 ¥303,736 ¥181,795 ¥143,225
5000万 ¥920,827 ¥506,226 ¥302,991 ¥238,708
1億 ¥1,841,653 ¥1,012,452 ¥605,981 ¥477,416

(年利4.0%元利均等返済の場合)

3.地方の不動産でも融資の対象

不動産担保ローンの場合、書類上だけで融資額を判断することができないため、営業所近郊しか扱えない会社が多いのですが、日宝は日本全国どこでも融資対象にしています。

4.他の金融機関からのローンが残っていても融資可能

他の金融機関のローンが残っていても、所有不動産の評価額とローンの残高の差額に一定の割合があれば融資可能で、低金利での借り換えもできます。

5.借地権でも融資可能

借地権で地主さんの承諾を得られない場合にも相談できます。借地権以外にも底地、共有持分、調整区域、再建築不可物件など他では扱えない物件でも担保可能なのです。一戸建て、マンション、土地、収益物件、別荘等ももちろん担保にできます。

その他、競売中の物件や不動産売却中で売れるまでのつなぎ融資も可能です。

6.おまとめ融資も可能

消費者金融、信販会社からの多数の借入れがあっても、不動産を所有していれば不動産担保ローンでの融資ができます。不動産を所有していない場合でも、保証人がいれば融資可能です。低金利ローンにて一本化がお勧めです。

7.新規事業の開業資金にも使える

きちんとした事業計画があり、事業計画に無理がなければ融資対象となります。大切な不動産を失うことがないように、何事も返済が可能かどうかということです。

8.赤字決算の運転資金も融資可能

現在赤字であっても、将来返済財源が十分確保できる見通しがあれば、融資は可能です。

9.家族に内緒で借入れ可能

自分の持分だけの融資も可能で、もちろん家族に内緒での借入れも可能です。

10.担保提供で融資可能

本人が不動産の所有者でなくても、不動産を所有されている方の保証・担保提供を受けらるのであれば融資は可能です。