住宅ローン延滞で自宅が競売になりそうな場合

住宅ローンを延滞し続けていると、自宅が競売に掛けられてしまいます。住宅ローンの支払いが出来なくなってしまった場合、基本的に借入先の金融機関はその不動産ご自宅などを差し押さえすることが可能です。法律でも、競売にかけて良いと認められています。競売にかかる前にしっかり 競売の通知が自宅に来ます。



競売について

不動産などの担保を入れてお金を借りる際には高額で低金利の融資を受けることが出来るため大変便利ですが、金融機関が担保として取っていた土地などでは期限を過ぎると自動的に競売が始まってしまいます。裁判所の競売物件なども確認できます。競売は最も良い購入条件を提示した買い手が落札可能なシステムです。

競売は一般的に競売物件を購入する側でなく、ご自宅を担保に現金を借り入れをして期限内に支払えなくなると不動産を競売にかけられてしまうことがあります。不動産を担保として融資を受けてから残債務の支払いを続けていきますが、借り入れした金額を支払えないときには最悪の場合、物件を手放すこともあります。




不動産競売は住宅ローンの返済でお悩みの方は任意売却という方法も選択肢の一つです。住宅ローンの滞納・競売でお悩みの方専門の弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

競売になりそうな物件にも対応してくれる金融業者

住宅ローンの延滞で差押えられた場合

もし自分の不動産が差し押さえられたり、差し押さえられそうになって競売になりそうなら、事前に弁護士に任意売却などについて相談しておくことをおすすめします。不動産を担保として借り入れしていた方は住宅ローンの返済が出来なくなると競売になります。住宅ローンの延滞においても差押えとなり、そして競売にかけられてしまうことになります。競売の通知が届いても事前に専門家に相談しておけばまだ任意売却が可能です。

任意売却について

もしも住宅ローンが払えないという状況の場合、競売にならないように早いタイミングで任意売却に関しての専門業者に相談する必要があります。

競売のケースで債務者が何もせずとも事が進行して行き、裁判所は新たな買主(落札者)との面談から各種手続きに進んでしまうからです。任意売却の最もなメリットとして任意売却は競売より高く売る事が可能になります。

まとめ

債権回収のため金融機関では、不動産競売手続きは期限以内に支払いが確認できないときには不動産を差し押さえます。法的には債権者の申立てに基いて裁判所が強制競売を認めることになります。競売物件は買い手にはお得な物件が多いのも事実ですが、債権者に取っては、お持ちの不動産の価格を安く手放すことにもなります。

関連記事

住宅ローン延滞で自宅が競売になりそうな場合」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です