延滞・長期延滞の末





延滞・長期延滞すれば、どうなるのかを順を追って説明します。延滞や長期延滞中であれば、借りれる消費者金融や銀行といった正規の貸金業者ではまず皆無と思って下さい。
しかし、ここにたどり着いた方、あきらめるのはまだ早いです!生活費等のお金にに困った時に利用できる便利な制度で10万円までなら借りることができます。



延滞・長期延滞すればどうなるの?

キャッシングやカードローンの返済期日を過ぎて支払いをしないと、取立ての電話がかかってきたり、郵便が届いたりします。
ではその後どのように取り立てしていくのか?実際どんな取り立てを行っていたのか、滞納の末には何があるのか。
取立ては、主に次のような段階に分かれます。取り立てる側から意見を入れての内容です。
10万円借りたい方はコチラの記事をご覧下さい。

関連記事:【長期延滞中でも作れたクレジットカード

1.電話や手紙で取立て

返済日に入金を確認できなかったら、翌日携帯電話に電話をかけます。

出なかった場合は、『折り返しご連絡ください』」というメッセージを留守電に残します。この時点で、ほとんどの人が支払うのですが、それでも連絡が無かった場合は、まず、『○○金融の○○小林ですが、返済期日を過ぎていますが、本日入金できますか?』と、柔らかい口調で携帯に電話をかけます。電話に出ない場合は、同じ内容を留守電に残します。それでも連絡が無い場合は、週に一通のペースで自宅に手紙を送ります。封筒には担当者の個人名を書くだけで、社名は入っていませんが、見て分かる人には分かります。
勤務先に取立ての電話をかけてはいけない決まりになっているので、勤務先にはかけませんが、やむを得ない場合(延滞が長い)勤務先にかける場合もあります。自宅へは、申込書に『自宅に電話をかけてもよいか』と問う欄に「○」がついていればかけます。

2.自宅を訪問し、直接交渉

ミナミの帝王みたいなキャラの人が来るのでしょうか?

取立ての電話や手紙に対して、1ヶ月以上何の反応も無かった場合には宅を訪問して直接交渉します。

基本的に自宅まで行くのは一人暮らしの場合ですが、家族と同居している場合交渉し易い(家族にバレたくないので)ので、だいたい夕方の6時半から7時半ぐらいに訪問します。夜8時以降の訪問は法律で禁じられているので、夜8時を過ぎたら、家の外で待って偶然会った振りをする場合もあります。ミナミの帝王みたいなキャラの人が来ることはありませんので、怖がらずに普通に交渉できます。

3.裁判所に訴える

訴えられたら、給与を全部 差押えられてしまうのでしょうか?

裁判所に訴えるのは、滞納開始から2~3ヶ月後になると、裁判所に訴えます。当然、裁判所に提出する書類の準備も進めながらその間に電話や手紙で取立てを続けます。

滞納金額と属性(職業、勤続年数、収入など)により、『給与の差押え』と『全額一括返済』の2パターンで裁判所に訴えます。

どちらのパターンになるかは、大きく分けると、例外もありますが次のようになります。

滞納額が多いが、収入も多い人 ⇒ 給与の差押え
収入が低く、返済が難しそうな人 ⇒ 全額返金を要求
裁判に呼び出しがあったのに出廷しない場合には、債権者側の訴えが100%通りますので、異議申し立てをするか出廷して分割を認めてもらうようにした方が良いです。

「給与の差押え」とは?

滞納者の給与から強制的に借金を回収することです。基本的に、手取りの4分の1まで差押えることができます。たとえば、手取り30万円の人であれば7万5,000円まで差押えることが可能です。給与の差押えを裁判所に申立てたら、裁判所から滞納者の勤務先に通知がいきます。勤務先は連帯債務者となるので、会社を辞めない限り給与から天引きし、それを裁判所に納めなければいけません。

ただし、差押えをするなると貸した側も裁判所に一定のお金を予納金として支払わなければいけないので、貸した側の負担も大きいのです。

だから、消費者金融や銀行等の貸金業者の本音は、『払えないなら自己破産して欲しい』と思っているのです。自己破産した方が早く借りれるようになります。

自己破産しても借りれる消費者金融はコチラ

行方不明者は、住民票を取ったりFacebook、Twitter、ブログ、LINE等のSNSで現在の勤務先や居所を探すこともできますので、突然現在の勤務先に電話がくることもありますので、気を付けて下さい。

まとめ

返済を滞納すると電話・郵便・自宅訪問などの取立てを受けるだけでなく、最終的には裁判で訴えられてしまいます。また、それでだけではありません。一定期間以上滞納すると、その情報が信用情報に記録されてしまいます。そのせいで、新規のキャッシング、ローンやクレジットカードの審査に通らなくなってしまうのです。返済期日を守ることは基本中の基本。どうしても間に合いそうにない場合は、事前に業者に相談しましょう。そのほうが印象もずっと良くなりますし、はやく問題を解決できます。