「借入件数」カテゴリーアーカイブ

ブラックでも借りれる不動産担保ローン!住宅の新規購入も可能





自己破産をしていたり、債務整理で返済中の金融ブラックでも借りれる不動産担保ローンがあります。不動産を持っていなくても、夢のマイホームを手に入れることが可能な総量規制対象外の不動産担保ローンがあるのです。

お勧めしたい不動産担保ローンとは?

一般的には不動産を所有している方が対象なのですが、不動産を所有していなくても、今から取得するための融資をしてくれる、ブラックでも通るローンがあります。




ブラックでも借りれる不動産担保ローンは、使い道が自由な不動産担保フリーローンなら、不動産を持っているか、担保提供してくれる親・兄弟・友人・知人がいることが前提ですが、住宅の新規購入なら必ずしも不動産を持っている必要はないのです。
不動産担保ローンの最大のメリットは、融資額が大きいこと、低金利での借り入れができるというです。関連記事に住宅ローン延滞で自宅が競売になりそうな場合があります。

お勧めしたい不動産担保ローン

このサイトの一押しは、日宝です。

日宝は、不動産担保ローンや住宅購入ローンを扱って30年以上の老舗です。


商  品  名 不動産担保ローン
ご融資額 50万円~5億円
使      途 原則自由
貸付利率 4.0%~9.9%
遅延利率 20.00%(実質年率)
返済方式 元利均等返済・元金一括返済・元金自由返済
期間・回数 1ヶ月~30年
担保・保証人 不動産
身分証明書 運転免許証、パスポート、健康保険証等
必要書類 健康保険証(国保も可)または運転免許証等
収入証明 お勤めの方・源泉徴収表 自営業の方・確定申告書 法人経営者・決算申告書
称    号 日宝
本    社 東京都渋谷区神南1丁目20番15号 和田ビル6階
電話番号 TEL 03-3496-3571 FAX 03-3496-6932
登録番号 東京都知事(11)第04793号
加盟団体 日本貸金業協会会員第000978号

 

日宝の不動産担保ローンとは?

1.ブラックでも借りれる

過去に自己破産をしていたり、債務整理で返済中の世間でいうブラックリストであっても借りることができるのです。不動産を所有していなくても、保証人がいれば融資可能な商品もあります。
いろいろな事情があって銀行の不動産担保融資が受けられない場合でも相談ができます。
住宅購入でなくても、使用目的自由のフリーローンとしても使えるので、他のローンのおまとめや、開業資金にも使えます。

2.住宅や土地の新規購入でも借入可能

新築でも中古でも、銀行の住宅ローンが受けれない金融ブラックでもマイホームを持てるという希望を与えてくれる会社なのです。

日宝は50万円~5億円の融資に対応し、実質年率は4.0%~9.9%となります。返済方法は元利均等返済・元金一括返済・元金自由返済を用意しており、いずれも返済期間は1ヶ月~30年までとなります。

返済の目安

金額 5年 10年 20年 30年
500万 ¥92,083 ¥50,623 ¥30,300 ¥23,871
1000万 ¥184,166 ¥101,246 ¥60,599 ¥47,742
3000万 ¥552,496 ¥303,736 ¥181,795 ¥143,225
5000万 ¥920,827 ¥506,226 ¥302,991 ¥238,708
1億 ¥1,841,653 ¥1,012,452 ¥605,981 ¥477,416

(年利4.0%元利均等返済の場合)

3.地方の不動産でも融資の対象

不動産担保ローンの場合、書類上だけで融資額を判断することができないため、営業所近郊しか扱えない会社が多いのですが、日宝は日本全国どこでも融資対象にしています。

4.他の金融機関からのローンが残っていても融資可能

他の金融機関のローンが残っていても、所有不動産の評価額とローンの残高の差額に一定の割合があれば融資可能で、低金利での借り換えもできます。

5.借地権でも融資可能

借地権で地主さんの承諾を得られない場合にも相談できます。借地権以外にも底地、共有持分、調整区域、再建築不可物件など他では扱えない物件でも担保可能なのです。一戸建て、マンション、土地、収益物件、別荘等ももちろん担保にできます。

その他、競売中の物件や不動産売却中で売れるまでのつなぎ融資も可能です。

6.おまとめ融資も可能

消費者金融、信販会社からの多数の借入れがあっても、不動産を所有していれば不動産担保ローンでの融資ができます。不動産を所有していない場合でも、保証人がいれば融資可能です。低金利ローンにて一本化がお勧めです。

7.新規事業の開業資金にも使える

きちんとした事業計画があり、事業計画に無理がなければ融資対象となります。大切な不動産を失うことがないように、何事も返済が可能かどうかということです。

8.赤字決算の運転資金も融資可能

現在赤字であっても、将来返済財源が十分確保できる見通しがあれば、融資は可能です。

9.家族に内緒で借入れ可能

自分の持分だけの融資も可能で、もちろん家族に内緒での借入れも可能です。

10.担保提供で融資可能

本人が不動産の所有者でなくても、不動産を所有されている方の保証・担保提供を受けらるのであれば融資は可能です。

保証人不要でブラックでも借りれる審査が激甘19社





保証人が不要で、自己破産や債務整理後のブラックリストでも借りれる審査が激甘の消費者金融を、ここでは実際借り入れている方からの情報を基に現在ここでは19社紹介しています。

お金がない時は大体緊急です。給料日やボーナスまで待てるならみんなそうしますから。そんな余裕の無いときに即日に振り込みで、しかも全国どこでも融資してくれるサラ金のキャッシングというのは本当に助かります。
延滞、自己破産、債務整理、多重債務などでブラックリスト入りした方は、なかなか審査に通らなくなっていることでしょう。止むを得ず借りる必要があった場合には、ヤミ金等に手を出すことなく、絶対に安心できる貸金業者で借りてください。『ブラックでもOK!とかブラックでも貸します。自己破産していても貸します。』とか大々的にコマーシャルしている貸金業者はありません。

保証人が不要で、ブラックリストでも借りられる審査が激甘の消費者金融

最初は、大きな金額は望めませんが細かく件数を短期間で借入件数を増やす事だけは避けてください。




下記リストは、比較的まとまった金額(10~50万)が見込める良心的な貸金業者ですが、インターネットで申し込みしてから送金されるまでに4~10日間は、書類のやりとりで時間がかかる可能性もありますので、焦らずに余裕を持って申し込んでください。短期間に何件も申し込み過ぎて申込みブラックにならないように気を付けて下さい。

関連記事:【延滞ブラックでも借りれる不動産担保ローン!住宅の新規購入も可能

19社リスト

下記の19社は、『自己破産していても借りれた』という情報が数多く寄せられた貸金業登録されている正規の消費者金融です。法律上、日本貸金業協会に加盟している必要はなく、指定情報機関(CICJICC日本信用情報機構KSC全国銀行個人信用情報センターのいづれか)への加盟は義務付けられています。



この19社は、ブラックでも借りれることでは、知る人ぞ知る消費者金融です。もちろん貸金業登録されている、正規の消費者金融です。
先ずは、新たなる再スタートの気持ちで借りた貸金業者へ毎月延滞することなく1年間くらい信用をつけて増額にトライしてください。当然ですが、個人差:申し込み記入内容により融資の不可:金額も異なりますので予めご了承願います。

以前は、ブラックに神と呼ばれた『クレオ』があったのですが、現在クレオはみなし貸金業者となり、回収のみ行っています。

借り入れ件数が3件以上でも借りれるところ





借り入れ件数が多く借り入れ件数だけが心配な方は、何も心配要りません。借り入れ件数が多いから消費者金融や銀行から借りれないということはありません。お金を借りるときは、融資額が1世帯の総収入の3分の1を超えてはいけないという、総量規制があります。その総量規制によって、借りれない場合はあります。

3件以上の借入件数





消費者金融の申し込みで必ずと言ってよいほど問われる「他社借入件数」ですが、実は定義が曖昧なものです。
大手消費者金融は他社借入3件までというような、社内での貸付基準を設けていますが、準大手消費者金融や中堅消費者金融では、総量規制させクリアできれば貸付けの対象者となります。
消費者金融各社は、信用情報機関を通して情報を共有しているため、そもそも本人申告が無くても他社借入件数は知ることができるのです。

ただ、金融会社によっては別の信用情報機関を利用していることもあって、必ずしも全ての情報が共有されているわけではありません。

自社が加盟している信用情報機関に属さないデータについては、事故情報以外は確認できないケースもあるため、念の為に申込者本人に申告をしてもらうわけです。

(関連記事:【総量規制で借りれない場合の対処法】)

総量規制

また、消費者金融が他社の借入状況を確認するのには、総量規制に関する事情が重要で、年収の3分の1を超える融資が、法律で原則禁止になっているので、企業としては法律を守る必要があります。

自社が加盟している信用情報機関だけではなく、申込者本人からも聞き取りをして、総量規制の範囲内での融資を徹底しているわけです。

借入件数に関係なく借りれる消費者金融

どの消費者金融も社内規定内であれば、件数に関係なく貸してくれます。こういったものは建前でしかなく、本音を言えば消費者金融も顧客には多く融資をしたいと考えています。
例えば、クレジットカードのリボ払いは、実質的には借金と変わらないものですが、借入総額に含まなくてもOKという消費者金融が多くなっています。他には、担保付きローン(住宅ローン等)についても他社借入に含まれません。

もし審査に不安がある場合は、保証人不要でブラックでも借りれる審査が激甘19社の記事を参考にしてみて下さい。

消費者金融それぞれに解釈の差はありますが、一般的には別の消費者金融からの借り入れと、キャッシング枠と呼ばれるカードローンが対象になっていると考えましょう。記入欄に注意書きで説明がされていることもあるので、除外対象となるものは借入件数に含めず、審査に悪影響が及ばない記入の仕方を心がけると良いでしょう。

他社借入件数でウソを書いたら、審査で落ちやすくなる?

本当は「たくさん融資をしたい」のが消費者金融の本音とすれば、申込者もその期待に応えるために、他社借入件数を少なめに申告する虚偽申告をしてしまうと、かなりデメリットのある行為であると認識しておくべきです。本当は他社からお金を借りているのに、それを申告しないのは、審査をする側からすれば、故意に隠したか、自分の借り入れ件数も把握できないルーズな人だと判断します。

結局のところ、審査の段階でバレてしまうものですから、書くべきものは正直に書くというスタンスで申告をしてください。もしも書くべきか微妙だと感じるものがあれば、電話で相談をしても、審査に影響することはありません。消費者金融のデスク担当者は、事務的に処理をするだけですから、質問したことによって心証が悪化するようなこともありません。

他社借入件数は何件までなら、審査でマイナスにならないのか?

総量規制の範囲内であったとしても、多くの会社からお金を借りているというのは、審査ではマイナス扱いとなりがちです。既に返済が苦しくなっている可能性もあるため、できるだけ余裕のある人に対して、消費者金融もお金を貸したくなるのが一般的だからです。

では、具体的には他社借入が何件までならば、審査に通りやすくなるのでしょうか。他にマイナス材料がないという前提ではありますが、一般的には2社までならば問題ないと考えて良さそうです。つまり3社目の申し込みまではセーフということで、それ以上になると急に審査も落ちやすくなる傾向にあるのです。

こうした傾向が現れる理由としては、消費者金融の多くが「総量規制の3分の1」をボーダーにして、初回の融資金額を決定していることが挙げられます。年収300万の人に対しては、概ね初回30~50万円という限度枠が設定されやすく、3件目でちょうど総量規制に達するようになっています。もちろん会社ごとの差異はありますが、1つの目安として「3件目まで」ということを念頭に置き、複数社から借り入れするときの参考にしてみてください。